NEWS

 

2021年3月22日

本年5月1日付けで、当社を含む奄美事業を展開する、㈱TARGET、(株)TARGET DX、㈱NPRツーリズム奄美の3社が合併し、新・(株)TARGET DXとして活動して参ることが決議されました。引き続き事業を通じた地域への貢献を目指して参ります。

2021年3月9日

当社が中核法人を務める瀬戸内町農泊推進協議会が、離島課題解決施策として、農山漁村振興交付金(地域活性化対策)スマート定住条件強化型モデル事業で取り組んでいる、陸上交通のライドシェアサービスの実証実験を、3月9日、10日に、奄美空港⇔名瀬⇔瀬戸内町・海の駅間で実施いたします。
プレスリリースはこちら
ポスターはこちら
朝日新聞デジタル&M産経ニュース東洋経済オンライン時事ドットコムPRESIDENT Online

2021年3月1日

当社の株主が、㈱TARGET(出資比率100%)になりました。

2021年2月20日

香川県高松市でドローンを活用した映像制作や輸送に関するサポート事業を展開する、㈱ドローンロジスティクス&ソリューションズを100%子会社化するとともに、離島でのドローン輸送の事業化に向け、当社が中核法人を務める、瀬戸内町農泊推進協議会との連携で、奄美大島・与路島においてドローンによる物資輸送の実証実験に成功しました。
プレスリリースはこちら
南海日日新聞朝日新聞デジタル&M産経ニュース東洋経済オンライン時事ドットコムBIGLOBEニュースPRESIDENT Online

2021年1月27日
当社が中核法人を務める、瀬戸内町農泊推進協議会との連携で、2021年1月27日から2月11日まで、奄美大島・瀬戸内町最南端の人口76名の有人島・与路島の与路港と加計呂麻島の伊子茂港を結ぶ海上ルートと、古仁屋-与路島間の海上ルートでの、海上タクシーのライドシェア実証実験を実施いたします。
プレスリリースはこちら、ポスターはこちら、予約システムはこちら

2021年1月25日
当社が中核法人を務める、瀬戸内町農泊推進協議会による農山漁村振興交付金(地域活性化対策)スマート定住条件強化型モデル事業で実施しているライドシェアサービスの実証実験が南海日日新聞(地元新聞社)に掲載されました。
掲載記事はこちら

2021年1月12日
株式会社TARGET HOLDINGSが、デジタルトランフォーメーション事業を行う、株式会社TARGET DXと、マーケティング・地域活性化事業を行う、当社・株式会社TARGETの2社体制になりました。
株式会社 TARGETサイトはこちらプレスリリースはこちら
朝日新聞産経ニュースBIGLOBEニュース時事ドットコム

2020年3月31日
当社が中核法人を務める、瀬戸内町農泊推進協議会による農山漁村振興交付金(地域活性化対策)スマート定住条件強化型モデル事業の、奄美大島・瀬戸内町での海上タクシー・タクシーのライドシェアや、ドローンによる物資運搬の実証実験の予備調査が終了しました。

2020年2月28日
当社の本店を、地域活性化包括連携協定を締結する鹿児島県瀬戸内町の「瀬戸内IT BASE」内に移転いたしました。 今後、子会社の㈱ナショナルパークツーリズムてしかがも、奄美支店を「瀬戸内IT BASE」内に開設予定です。 
詳しくはこちら
南海日日新聞奄美新聞南日本新聞鹿児島経済新聞西日本新聞朝日新聞excite

2019年4月21日
農山漁村振興交付金(地域活性化対策)スマート定住条件強化型モデル事業の公募に、当社が中核法人を務める瀬戸内町農泊推進協議会の施策が採択されました。奄美大島・瀬戸内町において、海上タクシー・タクシーのライドシェアや、ドローンによる物資運搬の実証実験を推進して参ります。
農山漁村振興交付金(地域活性化対策)スマート定住条件強化型モデル地区採択地区一覧

2018年11月1日
奄美大島・瀬戸内町と地域活性化包括連携協定を締結いたしました。第1弾として、ITを活用したビジネス機会の創出、起業支援、IT関連の教育の提供と町内への企業誘致を目指し、コワーキングスペース「奄美・瀬戸内IT BASE」の開設が決定いたしました。また、瀬戸内町の最南端の有人離島・与路島を中心に、インバウンド推進事業を、地元の方々と協議会を設立して推進して参ります。
詳しくはこちら
朝日新聞、時事通信読売新聞産経新聞